前田穂南、野口超え30キロ日本新V!青梅Vからアテネ女王の野口と同じ“金”ロード/マラソン

 陸上・青梅マラソン(16日、青梅市東青梅4丁目-青梅市総合体育館前)30キロの部女子は、東京五輪マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=が1時間38分35秒の日本新記録で初優勝した。野口みずきさんが2005年のベルリン・マラソンの30キロ通過タイムでマークした従来の記録を14秒更新。04年大会で当時の日本記録を更新して優勝し、その年のアテネ五輪で金メダルを手にした野口さんに続き、青梅の地から世界へ羽ばたく。

 ガッツポーズはなかった。残りの12・195キロを見据えるように、さっそうとゴールを駆け抜けた。初の30キロレースに臨んだ前田が、15年ぶりに日本新を樹立。1時間38分35秒のタイムに納得の表情を浮かべた。

 「日本記録までは狙っていなかった。目標としていた1時間39分を切れてよかった。東京五輪に向けて、いい位置付けの大会になった」

 雨上がりの空の下、持ち前のスタミナを発揮し、序盤から攻めの走りで女子のトップを一度も譲らなかった。野口みずきさんが2005年ベルリン・マラソンの30キロ地点でマークした従来の記録を14秒更新。そのレースで野口さんはマラソン日本記録を樹立している。30キロまでとはいえ、日本新ペースの快走に手応えをつかんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ