ジョンソン氏がブライアントさん悼む NBAオールスター戦

 今回のオールスター戦は試合前から事故死したブライアントさんをしのぶムードが高く、追悼色の濃いイベントとなった。

 あいさつで登壇したレーカーズの元選手でブライアントさんと親交の深かったマジック・ジョンソン氏は「コービーのような選手はもう出てこないだろう。NBA全体にとってつらいことだ」と元スター選手を悼む言葉を送り、ブライアントさんのつけていた背番号「8」にちなんで8秒間黙祷(もくとう)。地元シカゴ出身の歌手ジェニファー・ハドソンさんが歌う際は、ブライアントさんの映像が会場内に映し出された。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ