東京マラソン、一般参加中止…新型コロナが3万8000人に影響

 3月1日に行われる国内最大規模のレース、東京マラソンの主催者は17日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、今年の大会を一般ランナー抜きで実施すると発表した。今年は約3万8000人が参加予定だった。レースは残り1枠の東京五輪男子代表の選考会を兼ねており、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=らが出場予定。代表切符を懸けた注目のレースは異例の運営態勢で開催されることになった。

 新型コロナウイルスの影響が、日本の首都東京で開催されるビッグイベントを直撃した。ウイルス感染拡大の勢いが衰えを見せないため、主催者の東京マラソン財団が異例の決断を下した。約3万8000人がエントリーする一般ランナー抜きで実施すると発表した。

 共催する東京都の小池百合子知事(67)は「苦渋の決断。当せんして喜んだ一般の方々には申し訳ないが、縮小もやむを得ない。ご理解をお願いしたい」と見解を示した。希望者だけを走らせるなどの案もあったというが、感染経路不明の感染者が続出したことが決め手になった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ