桜花賞、皐月賞も…クラシック76年ぶりに無観客開催 ネット「この分ならダービーも…」

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日本中央競馬会(JRA)は2日、2月29日から実施している無観客競馬を19日まで継続すると発表した。これにより、桜花賞(12日、阪神、GI、芝1600メートル)と、皐月賞(19日、中山、GI、芝2000メートル)が無観客で行われることが正式に決まった。異例の雰囲気のなかで行われる今年のクラシックレース。ネットの競馬ファンも複雑な心境だ。

 サンケイスポーツによると、ファンがいないなかでクラシックレースが行われるのは、能力検定競走として実施された1944年菊花賞以来、76年ぶり。GIでの無観客競馬は3月29日の高松宮杯(中京競馬場)ですでに行われており、5日の大阪杯(阪神競馬場)も無観客開催となる。2月29日の開催以降、JRAは状況を見ながら1週間単位で開催を判断してきたが、今回の対応は、「予定が立てられない」「ある程度まとめて判断してほしい」というファンの声が寄せられたことで決まったという。

 SNSにはさまざまな声が集まっている。GIレースには競馬ファンの盛大な歓声が付き物であるだけに「クラシックまでもが無観客。寂しいねぇ」「いつまで無観客続くんだろう。せめてGIは歓声の中見たいものですね」「クラシックなのに歓声のないのは寂しい」などの書き込みがやはり目立った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ