開幕メド立たず…悲惨な日本人新メジャーリーガートリオ

 【江尻良文の快説・怪説】

 3日に都内で開かれた「新型コロナウイルス対策協議会」とそれを受けた12球団代表者会議で、4月24日開幕が消滅。今月下旬から5月上旬にかけて新たな開幕日を決めることになった。ファン、選手たちの落胆、衝撃も大きかっただろう。

 日本プロ野球は当初の3月20日開幕を延期、4月24日に延期を目指していた。ところが、この日、新型コロナウイルス対策協議会の専門家チームからさらに絶望的な延期通告の勧め。

 「4月の開幕は不可能。いつになるか、それは分からない。ピークを4-5月と考えている。5月末を目指そうとなると思います」

 が、さらに深刻なのがメジャーリーグだ。レイズの筒香(前DeNA)、ブルージェイズの山口(前巨人)、レッズの秋山(前西武)という、注目の日本人メジャーリーガー新人トリオにとっては、頭を抱える非常事態の憂き目にあっている。

 キャンプ、オープン戦でようやくメジャーリーグの生活に慣れ始めたと思ったら、予想もしなかった難敵・新型コロナウイルスの出現。しかも、米国では日本以上の猛威が吹き荒れている。早々と開幕7月延期情報が流れているのだから、まさに戦々恐々だろう。

 長年の願いがようやく叶い、憧れのメジャーリーガーになったと思ったら、いきなり待ち受けていた予期せぬ落とし穴。本人たちだけでなく、ファンもヤキモキしているだろう。

 まだ効果的な対処法もわからない新型コロナウイルスの猛威だけに、忍の一字でしのぐしかない。日本プロ野球界とすれば、まだ救いがあると前向きに受け止めるべきだろう。(江尻良文)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ