Jリーグ再開に“ドクターストップ”! 専門家が厳しい提言「そんな状況ではない」

 Jリーグが再開にむけて『ドクターストップ』を受けた。

 JリーグではJ3を4月25日から、J1は5月9日と、段階的に再開を目指していた。ところが3日に、日本野球機構とともに新型コロナウイルス感染症の専門家を交えた「第5回対策連絡会議」で、突き付けられた内容は“ダメ出し”の連発。

 「全国どこでも感染する今の状況で4月の開幕は難しい」(東北医科薬科大・賀来満夫氏)「苦渋の提案をせざるをえない。開幕(再開)は早くて5月末を目指してほしい」(愛知医科大・三鴨廣繁氏)「今は(新型コロナウイルスの)蔓延(まんえん)期です」(東邦大・舘田一博氏)と、3人の専門家から出たのは『とても再開できる状況ではない』と満場一致の厳しい提言だった。

 他にアドバイザーを依頼している5人からも、再開はNGという答えだったという。それどころか「別の症状で各先生の元に診察を受けに来る患者さんの中からも、新型コロナウイルスの陽性になったパターンが続出していると聞いた」(Jクラブ関係者)。

 会議の中ではスポーツ文化の重要性もわかるが、まずは医療危機の脱却が先決という声も出た。三鴨氏は「5月末というのもひとつの目安です」と改めて先が見えないことも強調した。

 Jリーグでは無観客試合や、感染が蔓延していない地域での再開を模索していた。しかし「無観客試合にしても、スポーツバーなどで観戦者が増えたら?」「試合をしても選手たちの移動の際のリスクは?」という専門家側のチェックに、返す言葉が出なかったという。

 プロ野球もそうだ。再開し巨人-阪神戦で観客を50%にするといっても「2万5000人以上のお客さんがくる。これは非常に大きな数字です」(賀来氏)、「だからこそ、政府の専門家会議よりも厳しい対応になってしまう」(舘田氏)。

 Jリーグ・村井満チェアマン(60)もこれまでのプランをすべて『白紙』に戻すことを明かすことしか現時点では対応できない状況になった。(編集委員・久保武司)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ