新型コロナの影響で大学野球選手権初の中止 ネットに広がる不安「高校野球にも影響ありますね」

 全日本大学野球連盟が12日、新型コロナウイルスの影響で、8月に延期となっていた全日本大学選手権を中止すると発表した。1952年に始まった同選手権の中止は史上初。この決定を受け、ネットにはさまざまな意見が集まっている。

 同選手権は大学日本一を決める大会で、全国の26連盟から代表校が参加する。例年6月に開催されるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で実施が8月に延期されていた。

同連盟は「加盟校の選手や関係者の安全、健康を最優先に考えた末の結論」と説明しているが、今回の中止を受け、SNSには「ただただ残念としか言いようがありません」「めちゃくちゃ面白い大会だけに残念すぎる」「大学野球を辞める選手もいるので、これで終わりは辛いですね」「4年生の気持ちを考えたら辛いな…」などの声がズラリ。状況が状況だけに「致し方ないか」「まだ緊急事態宣言が解除してないのに大学野球は出来ないよね」と理解を示すネットユーザーも見られた。

 そんななか、目立ったのは夏に開催される高校野球に関する書き込みだ。8月に開催される予定だった同選手権が中止になっただけに、SNSには「同じ8月開催の高校野球全国大会の決断へ影響しそう…」「大学野球の全国大会もとうとう。高校野球にも影響ありますね」「これで、夏の高校野球選手権がやばくなったみたいだね。中止にはしたくないけど」などの声が相次いでいる。

 春の選抜高校野球大会は、無観客開催なども視野に入れ、開催の道を模索したが、最終的には中止という決断に至った。日本高校野球連盟は20日に全国選手権大会の運営委員会を開き、開催可否などについて話し合う予定だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ