阪神が投手野手集合練習スタート、矢野監督「俺らが目指すところは何も変わらない」

 阪神は23日、投手野手が集まって行う集合練習をスタートした。1軍は甲子園で行い、開始前に矢野燿大監督(51)がナインに向けて言葉をかけた。3月26日に活動休止してから、全員が集まって練習するのは初めて。これまで自主練習から分離練習と段階を踏んで動いてきたが、兵庫県で緊急事態宣言が解除されたことなどを受けて、いよいよ本格的に再始動。最短で6月19日を目指す開幕へ向かう。球団広報が明らかにした矢野監督の言葉は次の通り。

 「いよいよ、こうやってみんなでやれるっていうのはすごくうれしいし、でも、ここまでの長い期間でみんなもいろいろなことを感じたと思います。こうやって全員でユニホームを着て、甲子園で練習できることが当たり前じゃないっていうこともみんな感じていると思うし、本当にいろんなことに感謝してやっていけたらと思います。俺らが目指すところは何も変わらないので、日本一になる、そして日本一になるだけじゃなく、今年こういうことがあった中で、ファンのみなさんにパワーを与えたい。苦しい時こそ楽しく、苦しい時こそ笑ったり、そういう姿でファンの人に元気や勇気を伝えることができると思うので、そういう姿を今日から新たに見せていきましょう」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ