巨人・坂本&大城、PCR検査陰性にファンも一安心 「野球の神様ありがとう」「開幕に向けて頑張ろう!」

 新型コロナウイルスに感染して都内の医療機関に入院中のプロ野球・巨人の坂本勇人内野手と大城卓三捕手がPCR検査で陰性となったことを受け、SNSで多くのG党が喜びの声をあげた。2人の陰性が明らかになった4日、ツイッターでは「陰性の判定」がトレンド入り。「とりあえずほっとしたわ」「まずは良かった!」などのコメントが相次いだ。

 2人はもともと体調に問題がない無症状の状態で、今後は球団が医師や専門家らの助言を仰ぎながら、早期復帰の時期を探っていく。19日の開幕にも間に合う可能性が出てきた。

 ネットでは巨人ファンが「よしよし、開幕いけるで!」「野球の神様ありがとうございました」「(2人とも)開幕に間に合いそうだね!活躍期待してます」などと大喜び。巨人主力選手の新型コロナウイルス感染に、一時は開幕自体が危ぶまれるようなムードに包まれたが、この一報にG党はもちろん、多くのプロ野球ファンが一安心したようで、ツイッターには「良かった。これで何とか予定通りプロ野球が開幕できるのかな」「開幕に向けて頑張ろう!」といった声が相次いだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ