比嘉大吾、井岡一翔と同じAmbitionジムに所属/BOX

 プロボクシング元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(24)が30日、ウェブ上で会見を開き、この日からAmbitionジム(東京・渋谷区)所属となることを発表した。比嘉は今年3月に白井・具志堅スポーツジムとの契約を更新せずにジムを離れ、所属先を探していた。

 恩師の野木丈司トレーナーと一緒に、リモート会見に臨んだ比嘉の表情は晴れやかだった。

 「野木さんと(練習が)できている。また世界、もう1回絶対にチャンピオンになるっていうのは決めている」

 2017年5月にWBC世界同級王座を獲得。18年4月の3度目の防衛戦で計量失格となり、王座を剥奪された。今年の2月に約1年10カ月ぶりの復帰戦としてノンタイトル8回戦を行い、6回TKO勝ちしたが試合後に「このままモチベーションが上がらなかったら(ボクシングを)辞めようと思う」と話した。

 計量失格の責任をとる形で、プロ転向後から師事していた野木トレーナーがジムを離れていた。「野木さんともう一度本気でやってみたい」と比嘉もジムを離れた。新ジムにはWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)も所属している。比嘉はバンタム級で年内2戦を目指すプランで、次戦は9月か10月に行いたい意向。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ