ヤクルトの若き主砲・村上サヨナラ満塁弾に燕党歓喜! 「確信歩き」トレンド入りで「鳥肌止まらなかった」「全角度から見たい」

 プロ野球・ヤクルトの若き主砲、村上宗隆内野手(20)のひと振りに、2日、多くのヤクルトファンが酔いしれた。

 この日、神宮球場で行われた広島戦。5-5で迎えた九回、無死満塁の場面で打席に立った村上は、広島の5番手・スコットの3球目、外めの直球を力強く振り抜き、左中間席中段にサヨナラグランドスラムを叩き込んだ。4番の一発で鯉を沈めたヤクルト。この勝利はネットでも大きな話題となり、同日、ツイッターには、ヤクルトが勝った際に書き込まれる「すわほー」がトレンドに入るなど、燕党がSNSで喜びを爆発させた。

 豪快な一発が大きな注目を集めたが、その一方で、打球が左中間席へ向かう間に見せた村上の「確信歩き」も多くのヤクルトファンをシビれさせた。打った瞬間に本塁打と確信した村上は、ゆっくり歩きながらヤクルトベンチに向かってバットを突き出し、悠々とベースを一周。この様子にネットが沸き、SNSに「カッコよすぎるな」「20歳であの確信歩きはなかなかできないわ」「確信歩き、かっこ良すぎて鳥肌止まらなかった」「村上くんの確信歩き、全角度から見たい」などのコメントが殺到した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ