「前半得点できていれば…」G大阪の連勝4でストップ

 2試合連続で完封勝ちを収めていたG大阪守備陣の粘り強い守りも、首位川崎の強力攻撃陣を封じるのは難しかった。0-1の敗戦に、宮本監督は「前半のいい時間帯にネットを揺らすことができていれば…」と得点を奪えなかった攻撃の方を悔やんだ。

 前半は人数を掛け、川崎が誇る3トップを自由にさせなかった。しかし後半3分、大島と三笘のパス交換でマークを剥がされ、失点。連勝も4でストップしたが、中盤で攻守に奮闘した矢島は「負けを引きずるのはもったいない。やるべきことを忘れないようにするのが大事」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ