マリナーズ・菊池雄星 6回3安打9三振の快投「フォームの修正がいい形で出た」 一問一答

 【シアトル(米ワシントン州)1日(日本時間8月2日)】本拠地Tモバイル・パークで行われたアスレチックス戦に先発した菊池雄星投手(29)は、6回を投げ、3安打9三振の快投を見せたものの、2番手が追いつかれ、勝ち負けはつかなかった。マリナーズは終始、試合を優位に進めながら、延長十回、2-3で敗れている。菊池の試合後の主な一問一答は以下の通り。

 ――今日の登板を振り返って

 「前回は自滅というか、修正しきれないまま終わってしまったので、今回、もう一度、バランスとかフォームのタイミングを修正したのがいい形で出た。ボールひとつひとつは、前回も手応えをつかんでましたんで、あとはバランスさえ修正できれば、という気持ちはあって、それが1週間でできた」

 ――基本的にはストライク先行

 「先頭バッターをフォアボールで出したイニング(五回)は、ちょっとバランスが悪と思ったが、次のバッターですぐに修正ができたことが、前回と違うところ。試合の中での修正の仕方は、やっぱり、実戦が少ないまま開幕していますので、これからどんどん良くなっていくと思う」

 ――手応えが深まっている?

 「間違いなく、自分のボールを操れている、その精度に関して言えば上がっていますし、手応えは少しずつーーでも、もっとストレートは良くなってくると思っています。もっと腕が振れれば、質もスピードも含めて、上がってくる」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ