巨人の内野手・増田大のプロ初登板にOB堀内氏激怒 上原氏は「今回の件は何がダメなんでしょうか?」 ネットの声は…

 プロ野球・巨人の増田大輝内野手(27)が6日の阪神戦(甲子園)でプロ初登板したことを受け、巨人OBで監督も務めた野球解説者の堀内恒夫氏が大激怒。同日、自身のブログを更新し、「これはやっちゃいけない」のタイトルで怒りをあらわにした。

 増田は同日の阪神ー巨人戦(甲子園)で6番手投手として登板した。0-4の八回裏、5番手の堀岡が4安打7失点と炎上。植田に押し出しの四球を与えて0-7となったあたりで増田が声を掛けられた。急きょベンチを出てキャッチボールを始め、1死後、堀岡が代打中谷に満塁弾を被弾し0-11とされたところでの登板となった。

 徳島県の小松島高3年夏以来、9年ぶりのマウンドに立った増田。自身が普段使用している内野手用のグラブで登板し、まずは近本を136キロ直球で二ゴロに仕留めた。続く江越には四球を与えたが、大山を138キロ直球で右飛に打ち取り、打者3人を無安打無失点に抑えた。

 堀内氏はブログで「これはやっちゃいけない。巨人軍はそんなチームじゃない」と激怒。セ・リーグの首位に立つ古巣を「強いチームがそんなことやっちゃダメよ」と批判し、「こんなことして相手のチームはどう思うだろうか。馬鹿にされてるとは思わないだろうか」とつづった。

 増田がマウンドに立った瞬間、「それ以上、観たくなかったから」という理由でテレビを消したという堀内氏。最後は「この試合のコメントも今日はしたくない。こんなこと絶対やっちゃいけないよ。俺はそう思う」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ