「国民栄誉賞もの」佐藤琢磨のインディ500制覇に賛辞あふれる 「大偉業なのに消極的」と国内メディア批判も

 世界3大レースの一つ、第104回インディアナポリス500マイル(インディ500)の決勝が23日(現地時間)、米インディアナポリスで行われ、元F1ドライバーの佐藤琢磨(43)=ホンダ=が、3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 世界最高峰と言われるインディ500の制覇に、ツイッターは「インディ500二勝目きたあああああ!」「すげぇぇぇぇぇぇ おめでとうございます」「鳥肌たった」「最高!!」「やったああああああああああああああああああ!」など、歓喜と祝福の声であふれた。

 「ノーアタック・ノーチャンス!!マジで凄い!」と佐藤が掲げる信念を引用したり、「1回目の優勝の絶叫は今でも忘れません」と2017年のインディ500優勝時を回想したり、「F1で3位になったのが2004年かー 息の長い活躍、尊敬しかない」と、04年のF1アメリカGPでの3位入賞を振り返ったり、「SRSの校長を務める彼は教え子達に背中で語った、レースはこうやるんだって。レーサーの卵達にとってこんなに誇らしく頼もしく思うことがあるだろうか?」と、佐藤の母校であり、現在は校長を務める鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)を引き合いに出したり、と思い思いの表現で喜びをかみしめ、たたえるファンの声が多数あがっている。

 また「ホンダエンジンも強かった!素晴らしい!」「チーム、ホンダエンジン、ドライバー、全て完璧でした」と佐藤だけでなく、レースに関わったエンジニアやスタッフへの賛辞も見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ