ロッテ・ハーマン、右手負傷で抹消

 ロッテのフランク・ハーマン投手(36)が16日、東京都内の病院で右手人さし指の「伸筋腱(けん)損傷」と診断され、出場選手登録を外れた。2週間、患部を固定し、様子をみながら投球を再開する予定。

 勝ち継投の一角を任されているハーマンは15日の西武戦(メットライフ)で3-2の八回途中から登板し、スパンジェンバーグに逆転2ランを浴び、試合後に違和感を訴えていた。楽天から移籍1年目の今季は32試合に登板して3勝2敗1セーブ、21ホールドで防御率2・27とチームに貢献していた。ハーマンに代わり、チェンが1軍に昇格した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ