ダルビッシュ、最多勝に喜びツイート ファン「日本人の誇り」「サイヤング賞期待しております」

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が28日、自身のツイッターを更新。日本人選手として初めて最多勝のタイトルを手にしたことを報告し、ファンに向け、喜びの言葉を述べた。

 ダルビッシュはこの日、「今日(米時間27日)で2020年のレギュラーシーズンが終わりました」と切り出し、「60試合だったり、無観客だったり色々違うシーズンでしたが自身初、日本人としても初めての最多勝を獲ることができました」と報告。そのうえで「ハーフですが気持ちは完全に日本人なので、日本人として嬉しく思います」と喜び、「ポストシーズンも頑張ります!」と決意を新たにした。

 今シーズンは新型コロナウイルスの影響で60試合に短縮され、ダルビッシュは今季、12試合に先発して8勝3敗、防御率2・01、93奪三振という成績を残した。

 日米を通じての初めての最多勝を手にしたダルビッシュを多くのフォロワーが祝福。リプ欄には「日本人初の最多勝、本当におめでとうございます」「本当に素晴らしい活躍でした! ポストシーズンも楽しみです!!」「日本人の誇りです!」「やっぱり海外で日本人が努力をして結果を出している姿はカッコいいですね」などのコメントが殺到した。日本投手初のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の有力候補にも挙がっていることから、「サイ・ヤング賞取れるいいですね!」「サイヤング賞期待しております」といったリプライも見受けられた。

 また、ダルビッシュのツイートにプロ野球・日本ハムなどで活躍した森本稀哲氏が反応。同じ時期に日本ハムでプレーした先輩として、後輩の偉業を「ハーフの先輩ですが、おめでとう!!」と喜んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ