五郎丸引退へ ネット「ラグビーをメジャーにした1人」「ラグビーの面白さを教えてくれてありがとう」

 ラグビーの元日本代表FBで、トップリーグ(TL)のヤマハ発動機に所属する五郎丸歩選手(34)の今季限りでの引退が発表されたことを受け、ネットにファンからの驚きと労いのコメントが相次いだ。

 五郎丸といえば、2015年に開催されたワールドカップ(W杯)初戦の南アフリカ戦で1トライを含む24得点をマークし、歴史的勝利に貢献。キックを蹴る前のルーチンで、体の中央で両手を合わせる“五郎丸ポーズ”が当時大人気となった。

 SNSには、その功績をたたえるコメントが並び、「まさしく日本のラグビー界を牽引されたお一人」「高校→大学→プロと間違いなく日本ラグビー界の一時代を築いた選手。素晴らしい選手でした」「ラグビーを間違いなくメジャーにしたのはこの人がいたからでしょう」といった書き込みがズラリ。一方で「えーっ引退しちゃうの」「寂しくなります」「五郎丸も引退かー、同級生なので残念な気持ちも」と引退を惜しむ声や、「感動をありがとう」「夢と希望をありがとうございます」「ラグビーの面白さを教えてくれてありがとう」といった感謝の言葉も多数寄せられた。

 また、6日に行われた関東大学ラグビー対抗戦、早稲田大対明治大のテレビ放送にゲスト出演した際、五郎丸が引退をほのめかすようなコメントをしていたことから、SNSには「先日の対抗戦の早明戦で言っていた最後とはこの意味だったんだ…」「この前の早明戦でそう言った感じのコメントしてたから、何となくそうかもと お疲れ様でした」「五郎丸さんこの前の早明戦のゲスト解説で『最後のトップリーグなんで』ってサラッと言ってたけどやっぱり引退だったのか」といったコメントも散見された。

 佐賀工高から早大を経てヤマハでプレーした五郎丸。日本代表では57キャップを持つ。来年1月開幕のTLを最後に現役を引退する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ