阪神・大山が1億円到達 ネット民「今年の覚醒は凄かった」「他球団ファンとしては本当に脅威」

 阪神・大山悠輔内野手(25)が10日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約交渉に臨み、今季年俸から倍増以上となる1億円で更改した。打撃主要3部門でキャリアハイの成績を残すなど飛躍の年を終えたトラの若き主砲に「今年の覚醒は凄かった」「他球団ファンとしては本当に脅威」などと、野球ファンからたくさんのコメントが集まっている。

 プロ4年目の今季は、開幕直後こそスタメンを外れたが、116試合に出場して打率.288、28本塁打、85打点。打撃主要3部門でいずれも自己最高の成績を残し、シーズン終盤まで巨人・岡本、ヤクルト・村上らと本塁打、打点のタイトル争いを繰り広げるなど、虎の4番としてリーグ2位の原動力となった。大山は大台到達に「いい評価をしてもらえました。来年に向けて強い気持ちというか、そういったサインの仕方ができたと思います」と、来シーズンへの手ごたえを口にした。

 今季の目覚ましい活躍ぶりに虎ファンからは、「これで名実ともに虎の生え抜き主砲。来年はチームの戦力も充実しそうだし、優勝に向けての活躍期待してます」などと祝福のコメントが続々。「今年、やっと阪神からキング争いできる選手が出てきた。それも日本人で生え抜き。このことの評価が大台への表れかと」「淡々として闘志が表に出難いタイプだったが今年の覚醒は凄かった」などと、成長を遂げた主砲への賛辞が相次いでいる。

 トラ党のみならず、他球団のファンからも「大山選手は非常に手強いバッターになりましたね。他球団ファンですが、今季は特に怖い存在でした。より一層阪神さんを引っ張ってくださいね、期待しています」「去年と本当に印象が変わったバッターの1人。今年は怖いバッターでまさに4番って感じの選手になってた。このまま伸びていくと思うと他球団ファンとしては本当に脅威ですね」などと、大山を高く評価する声がたくさん届いている。

 本塁打王は31発を放った岡本が獲得。大山は村上と並び28本でリーグ2位タイに終わったが、ネット民のなかには「ドーム球場と甲子園をホームにしているのでは、正直本塁打の価値が違う」といった意見も。「私は巨人ファンだけど、球場の広さを考えると、大山選手が実質的なホームラン王だと思う。東京ドームを本拠地にすれば、余裕で3割30本は行っているでしょう」といった見立てもあった。さらには「トラの主砲なら30発はクリアしないと」とさらなる成長を期待する声もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ