2回戦敗退の張本美和「実力が足りない」 全日本卓球

 卓球の全日本選手権第3日は13日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で一般の部が始まり、女子シングルスで12歳の張本美和(木下グループ)は3回戦進出を逃した。1回戦で高校生に3-0で勝ったが、2回戦でTリーグでもプレーする皆川優香(大阪成蹊大)に1-3で敗れた。

 張本は2回戦で第1ゲームを先取しながら逆転で敗れた。第2ゲーム以降はやや遅いテンポのラリーから鋭いスマッシュに転じるなど、プレーに緩急をつけてきた皆川に翻弄された。

 前日は史上最年少優勝の懸かったジュニアの部で4回戦敗退。「全力で頑張ろう」と気持ちを切り替えて臨んだ高校生との1回戦に快勝したが、大学生の壁を超えられなかった。「あまり悔いはない。実力が足りなかった。もっと練習して頑張りたい」と力をこめた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ