田中将大の「楽天入り有力」報道にネット民「震災から10年目。楽天をまた日本一に」「ソフトバンクを止めてくれ!」

 米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となった田中将大投手(32)の楽天復帰が現実味を帯びてきたとの一部報道を受けて、26日朝からツイッタートレンドに「交渉大詰め」「楽天入り」「条件提示」のワードが並ぶなど、日米通算177勝右腕の去就にネット民が大きな関心を寄せている。

 26日付のサンケイスポーツは「田中に興味を示すメジャー球団もある中、楽天入りが有力だ」と報道。メジャー残留なら最有力候補だったパドレスが先発枠の整備を完了したことや、残留の可能性も報じられてきたヤンキースも先発右腕を獲得したことで「再契約の可能性が低くなった」と米メディアが一斉に報じたことを伝えた。

 また、今年の3月11日で東日本大震災から10年を迎え、同チームにとって今季は特別なシーズンであることや、田中が杜の都に思い入れが強いこと、コロナ禍において国内の方が野球に集中する環境が整っていることをあげ、交渉が順調に進めば今週中にも正式契約を交わす可能性もあるとしている。

 このニュースはヤフートピックスなどで取り上げられたこともあり、朝からコメント欄に書き込みが殺到。楽天復帰を望むファンからは、「マー君待ってます」「メジャーでは控えていたマー君闘志の雄叫びがまた見たいです。今年は震災から10年目。楽天をまた日本一に導いて下さい」などと期待する声が舞い込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ