スーパーボウルで爆撃機3機の“豪華”フライオーバー ネット民「何ちゅう3機編隊やっ!」「鳥肌立った」「軍事費を削減しろ」

 米プロフットボールNFLの王者を決める第55回スーパーボウルが7日(日本時間8日)、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで行われ、試合開始前に米空軍が3機の爆撃機を飛ばす圧巻のパフォーマンスを披露。SNSは「B-1、B-2、B-52!何ちゅう3機編隊やっ!」「鳥肌立った」「軍事費を削減しろ」などのコメントであふれ返った。

 今年のスーパーボウルは、2季連続3度目の優勝を狙うアメリカン・カンファレンス(AFC)のカンザスシティ・チーフスと、地元開催の大一番で18季ぶり2度目の頂点を目指すナショナル・カンファレンス(NFC)のタンパベイ・バッカニアーズが対戦。その直前に、米空軍による“豪華”なパフォーマンスが話題をさらった。

 キックオフ前の国歌斉唱中に3機の爆撃機が姿を現すと、V字の編隊を組みながらスタジアム上空を飛行し、ファンのボルテージを一気に高めた。この「フライオーバー」と呼ばれるパフォーマンスが日本でも大きな関心を集め、同ワードがツイッタートレンドに入る盛り上がりを見せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ