3ラン!!3ラン!!オリックス・紅林が止まらない

 オリックスの高卒2年目、紅林弘太郎内野手(18)が23日、球春みやざきベースボールゲームズのロッテ戦(SOKKENスタジアム)に「7番・遊撃」で出場。3ランを2本放つなど、4打数2安打6打点と大暴れした。今キャンプの実戦ではチームトップの4発目をマークし、開幕スタメンに猛アピールした。

■「アピールしないといけない立場」

 風に乗り、瞬く間に右翼席へ消えていった。中嶋新政権初の対外試合で、豪快なアーチを描いた紅林は、バックスクリーン右へもう一発。2本の3ランで計6打点と、自慢の長打力を存分に発揮した。

 「いい対応が出来た。両方とも風にいい感じで乗って。投手は調整の段階だと思いますが、アピールしないといけない立場なので、いい結果になってよかった」

 日本ハムの主砲、中田翔似の表情をやわらげた。快音を響かせたのは3-1の三回2死一、二塁。ロッテ2番手、岩下がフルカウントから投じた149キロの直球をとらえ、逆方向に運んだ。

 さらに五回無死一、二塁でもバックスクリーン右へ突き刺した。今キャンプの実戦ではチームトップの4発目。アピールを続ける若手に、中嶋監督も「引っ張りの方が(打球が)伸びるタイプだけど、逆方向にも伸びている。思いきりの良さはある」と頷いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ