ロッテ佐々木朗希、実戦デビューにネットも興奮「伝説の始まり」「佐々木希かと思った」

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手(19)が12日に行われる中日とのオープン戦(ZOZOマリン)で実戦デビューするという9日のサンケイスポーツの報道受け、ロッテファンはもちろん、他球団のファンからも喜びの声があがった。

 同紙によると、井口資仁監督が2番手で1イニングを投げさせると明言。待望の実戦デビューに「結果というより、朗希の持ち味を出してもらいたい。抑える、抑えないじゃない。しっかりと自分のフォームだったり、形だったり、そういうのを見せてくれれば」と述べ、結果ではなく、今後につながる内容に期待したという。

 佐々木朗は5日、ZOZOマリンで行われたシート打撃に登板し、打者8人に対して計35球を投げた。直球は最速152キロをマーク。「楽しく投げることができました。ここでこれから何回も投げることになると思うので、良いパフォーマンスができるようにしたい」と手応えを口にした。登板後の状態は順調で、12日の実戦デビューが決まったという。

 プロ2年目でついにベールを脱ぐ“令和の怪物”。この一報に多くのネットユーザーが反応した。ツイッターには「楽しみだな佐々木投手」「いよいよ出てくるか」「伝説の始まり」「マリーンズの希望の星が遂にベールを脱ぐ」「プロ入り1年でどんな球投げるんだろうか」「岩手の英雄、佐々木朗希が中日戦で実戦登板するとか注目せざるを得ない」などのコメントが殺到。12日を前に「在宅勤務でスマホでつけっぱなしにしとくか」「一応仕事だけど隠れてスマホで見ようかなww」といった声も寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ