平成の三四郎、柔道五輪金メダルの古賀稔彦さん死去にネットも涙「バルセロナ忘れない」「背負投げカッコよかった」

 1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、“平成の三四郎”と称され、大活躍した古賀稔彦さんの死去のニュースは、ネットにも大きな衝撃を与えた。

 このニュースが報じられた24日、ツイッターでは「古賀稔彦」「平成の三四郎」「古賀さん」「バルセロナ五輪金」などのワードがトレンド入り。突然の訃報を多くのネットユーザーが悲しんだ。

 サンスポコムによると、古賀さんは24日、川崎市の自宅で死去。53歳だった。古賀さんは中学、高校の6年間を東京の柔道私塾「講道学舎」で鍛え、相手を高々と担ぐ芸術的な一本背負い投げを得意とした。現役引退後は日本女子代表のコーチを務め、自身の道場「古賀塾」でも指導。2007年に環太平洋大の総監督に就任し、女子で全国屈指の強豪に育てた。関係者によると、昨春ごろから体調を崩していた。昨年がんの手術を受け、その後療養していたという報道もあった。 

 突然の訃報にSNSでは「えっ!?ちょっと待って!!」「う、嘘やろ…」「ちょっと突然すぎてビックリ…」「ただただビックリ」など、言葉に詰まるネットユーザーが続出。在りし日の古賀さんを「平成の三四郎という名もぴったりで…涙」「古賀さんの背負投めっちゃカッコよかったのに…」「古賀さんは、カッコよかった。柔道の面白さを教えてくれた」などと偲んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ