稀勢の里、124日ぶり勝った!“期待の星”阿武咲を瞬殺

休場明けの稀勢の里(左)は初顔合わせの阿武咲を下した。横綱としての貫禄を示した (撮影・中島信生)

休場明けの稀勢の里(左)は初顔合わせの阿武咲を下した。横綱としての貫禄を示した (撮影・中島信生)

 大相撲九州場所2日目(13日、福岡国際センター、観衆=6986)3場所連続休場から復帰した横綱稀勢の里(31)は、初顔合わせの新小結阿武咲(おうのしょう、21)を突き落とし、初白星を挙げた。124日ぶりの白星は、節目となる幕内通算700勝に到達した。負傷した左上腕部、左大胸筋の影響を払拭させるような得意の左おっつけもみせ、台頭著しい若手のホープに完勝。黒星発進の重い空気を一転させた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ