関学大、日大の悪質タックルに激怒会見 鳥内監督「あってはならない行為」 アメフット

日大の悪質な反則に、会見で関学大・鳥内監督は怒りをあらわにした

日大の悪質な反則に、会見で関学大・鳥内監督は怒りをあらわにした

 アメフットの関学大が12日、西宮市内で、6日の日大との定期戦でQBが相手守備選手から悪質なタックルを受けた件で会見を開き、日大に対して謝罪と反則に至った経緯の説明を求める文書を送付したことを明らかにした。反則を受けたQBは右膝軟骨損傷で全治3週間。鳥内秀晃監督(59)は「あってはならない行為」と激怒。QBの家族が警察に相談していることも明らかになった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ