関学大が17日に記者会見 日大に抗議文送付済みで再度説明の機会設ける

関学大・鳥内監督(右)

関学大・鳥内監督(右)

 東京都内で6日に行われたアメリカンフットボールの関学大と日大の定期戦で、日大の選手による悪質な反則行為で選手が負傷した問題に関して、関学大アメフット部は15日、鳥内秀晃監督、小野宏ディレクターが17日に兵庫県西宮市内のキャンパス内で記者会見すると発表した。日大に対して、16日を回答期限とする反則行為についてのチームとしての見解や、正式な謝罪を求める抗議文を送付済みで、その後の対応について、再度説明する機会を設けた。日大の回答が16日までにあるなしにかかわらず、会見は行うとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ