日大の悪質タックル、第三者委も前監督らの指示認定 もみ消し図る不当介入も判明 アメフト

会見する第三者委委員長の勝丸充啓弁護士(中央)、事務局長の磯貝健太郎弁護士(左)、委員長代理の辰野守彦弁護士=29日午後、東京都港区(佐藤雄彦撮影)

会見する第三者委委員長の勝丸充啓弁護士(中央)、事務局長の磯貝健太郎弁護士(左)、委員長代理の辰野守彦弁護士=29日午後、東京都港区(佐藤雄彦撮影)

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手が関西学院大選手に犯した危険な反則タックルについて、内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ