“会社なら当たり前のこと”をすればうまくいく--フェンシング太田雄貴が挑む「スポーツ業界の健全化」

前の写真へ
スポーツ競技団体の35.4%が1~4人の正規雇用者で運営されているという調査結果もあり、人手不足であることがうかがえる(中央競技団体現況調査 2016年度より)

スポーツ競技団体の35.4%が1~4人の正規雇用者で運営されているという調査結果もあり、人手不足であることがうかがえる(中央競技団体現況調査 2016年度より)

 2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックを前に、スポーツの競技団体から暴力問題やパワハラ、助成金の不正流用などの問題が次々に起きている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ