フィギュア紀平梨花 関係者が心配する「浅田真央の二の舞」

紀平梨花の武器が懸念に変わらなければいいが(共同通信社)

紀平梨花の武器が懸念に変わらなければいいが(共同通信社)

 2018年のフィギュアスケート・グランプリファイナルで平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16)を破って優勝し、一気に世界が注目するニューヒロインに躍り出た紀平梨花(16)。12月の全日本選手権では坂本花織(18)に後れを取ったものの、「スター性でいえば浅田真央(28)以来、ようやく“主役級”が出てきた」(スポーツ紙デスク)と、関係者の期待感は高まっている。五輪2連覇の羽生結弦(24)が右足首負傷で全日本選手権を欠場したことも、注目の“一極集中”に拍車を掛けている。テレビ局関係者はこういう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ