大船渡・佐々木、最速155キロ、六回無安打13Kの快投にネット興奮 「えぐい」「次元が違う」

大船渡高先発の佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造)

大船渡高先発の佐々木朗希投手=花巻球場(撮影・土谷創造)

 第101回全国高校野球選手権の岩手県大会で、大船渡が3回戦(花巻球場)で一戸と対戦。高校球界最速の163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)が16日の初戦に続いて「4番・投手」で先発出場した。地方大会ながら佐々木の話題は全国区。6回参考ながら、1四球のみでノーヒットノーランを達成したこの日の登板も大きな注目を集め、その快投がネットで話題となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ