関東第一、3年ぶりの夏切符!不敗神話の“持ってる主将”渋谷が最後に大暴れ/東東京

勝利を決め、マウンドに集まった関東第一ナイン。3年ぶりの甲子園切符をつかんだ(撮影・萩原悠久人)

勝利を決め、マウンドに集まった関東第一ナイン。3年ぶりの甲子園切符をつかんだ(撮影・萩原悠久人)

 第101回全国高校野球選手権大会(27日、神宮など)全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は27日、3大会で代表が決定した。東東京大会決勝では関東第一が小山台を4-0で下し、3年ぶり8度目の甲子園出場を決めた。「6番・遊撃」で出場した主将の渋谷嘉人内野手(3年)が3安打3打点と活躍した。石川大会準決勝は、星稜が鵬(おおとり)学園に延長十回、8-6で勝利。ドラフト1位候補右腕・奥川恭伸投手(3年)が、2本塁打と打撃で勝利に貢献した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ