国学院久我山、28年ぶり夏の甲子園へ

優勝しマウンドに集まる国学院久我山ナイン。左から2人目は先発・高下耀介=28日、神宮球場(萩原悠久人撮影)

優勝しマウンドに集まる国学院久我山ナイン。左から2人目は先発・高下耀介=28日、神宮球場(萩原悠久人撮影)

 第101回全国高校野球選手権大会は28日、神宮球場で西東京大会決勝が行われ、国学院久我山が競り合いの末に4-2で創価を下し、28年ぶり3度目の優勝を果たした。東東京大会代表の関東第一とともに、8月6日開幕予定の夏の甲子園大会に出場する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ