吉兆だ!智弁和歌山、「聖地へ遅刻」で昨年春は準V

練習を見守る中谷監督(右)。バスのトラブルで甲子園の到着が遅れ、練習順を変更して調整を行った (撮影・岡田茂)

練習を見守る中谷監督(右)。バスのトラブルで甲子園の到着が遅れ、練習順を変更して調整を行った (撮影・岡田茂)

 令和最初の甲子園大会となる第101回全国高校野球選手権大会(6日から16日間)の出場校による甲子園練習第2日は2日、25校が調整した。智弁和歌山は移動バスにトラブルが発生したが、準優勝した昨春の選抜大会と同じパターン。吉兆と受け止め、1年生の4番・徳丸天晴(てんせい)外野手は堂々とした姿を披露した。3日は大阪市のフェスティバルホールで組み合わせ抽選会が行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ