星稜、下位打線が躍動 奥川も存在感示し3回戦へ

7回、二塁打を放つ星稜・福本陽生=甲子園球場(甘利慈撮影)

7回、二塁打を放つ星稜・福本陽生=甲子園球場(甘利慈撮影)

 全国高校野球選手権大会は13日の第2試合で星稜(石川)が立命館宇治(京都)に6-3で勝ち、5年ぶりに3回戦へ進んだ。星稜は好投手、奥川が注目を集めるが、決してワンマンチームではない。この日は7番福本が3安打1打点、8番岡田が2安打3打点と、脇を固める打線下位の選手が活躍した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ