巨人・原監督、FA人的補償撤廃を 「セDH制導入」に続き球界改革案

ともにFAで巨人入りした陽岱鋼(右)、炭谷(右から2人目)らベテランをねぎらう原監督(左から2人目)。再び“球界改革”を訴えた(撮影・斎藤浩一)

ともにFAで巨人入りした陽岱鋼(右)、炭谷(右から2人目)らベテランをねぎらう原監督(左から2人目)。再び“球界改革”を訴えた(撮影・斎藤浩一)

 巨人・原辰徳監督(61)が4日、フリーエージェント(FA)の補償制度に対して異議を唱えた。FAで選手を獲得した場合、年俸によっては前所属球団がプロテクト外の選手を1人獲得できる「人的補償」が、制度活性の妨げになっている可能性も主張。人的補償の撤廃、または現行28人のプロテクト枠の拡大などの案を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ