ステルス機VS空飛ぶ戦車、生き残りかけ真っ向勝負 裏で米軍の陸・空バトル

 【軍事ワールド】

 量産が始まったばかりの米国の最新鋭ステルス戦闘機「F-35」に対し、40年以上前に試作機が初飛行した地上攻撃機「A-10」が、生き残りをかけて真っ向勝負することになった。A-10の寿命が近づいていることなどに加え空軍と陸軍、国防総省の思惑がからんだ結果、「実際の戦闘状況を再現して両機の性能比較試験を行う」(米国防総省)ことが決まったのだ。(岡田敏彦)

近接航空支援(CAS)専用機

 F-35は日本でも航空自衛隊への導入が決定した最新鋭ステルス戦闘機。レーダーに捕捉されることを防ぐため、レーダー電波の反射を極小とする外形と塗装を取り入れた。通常は翼の下に吊す爆弾やミサイルも電波反射の原因となるため、機内(ウエポン・ベイ)に内蔵した。敵に見つからずに敵を探知し、遠距離からミサイルを放って勝負をつける戦闘機だ。

 一方のA-10は全く性格が異なり、その存在意義は近接航空支援(CAS)にある。陸軍が敵の頑強な拠点や戦車部隊に遭遇した場合、無線で陸軍と連絡を取り合いながら、大量の爆弾で集中攻撃する。通常の攻撃機と異なる最大の特徴は、30ミリガトリング機関砲(アベンジャー)を搭載していること。

 爆弾を全部落とせば戦場を離脱するしかない数多の攻撃機と異なり、A-10は戦場上空に比較的長時間滞空して、大口径機関砲で拠点をしらみつぶしにできるのだ。

 空軍の理想の地上攻撃は、地上砲火が届かず、敵地上兵からは見えない高さからレーザー誘導やGPS誘導で爆弾を落とすこと。

 しかし陸軍の立場では、こうした援護は心許ないとの声が一般的だ。陸兵の手に負えない強大な敵火力を、陸軍の無線で密に連絡を取りながら繰り返し攻撃してくれるA-10こそ“頼りになる騎兵隊”なのだ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧