韓国の技術崩壊が止まらない… 衛星は宇宙のゴミ、戦車は頓挫、銃は熱くて持てず

【軍事ワールド】

 韓国の「技術崩壊」が止まらない。ギャラクシーノート7などサムスン製スマートフォンの連続発火が世界的ニュースとなったが、その前後にも韓国製の宇宙観測衛星が運用途中で故障しデブリ(宇宙のゴミ)となったり、国産戦車の開発が頓挫するなど、想定外の出来事が発覚。韓国の国民も「ウリナラ(我が国)の技術」に、疑心暗鬼にならざるを得ないようだ。(岡田敏彦)

 宇宙からの故障報告

 宇宙観測衛星の故障が判明したのは今月10日。東亜日報(電子版)など現地メディアによると、故障したのは「科学技術衛星3号(STSAT-3)」。2013年11月21日にロシアのドニエプルロケットで打ち上げられた。

 その役目は科学研究や大気観測で、韓国天文研究院が開発した「多目的赤外線映像システム」を搭載していた。ところが、韓国の国会議員が同院の資料を分析したところ、肝心の赤外線カメラが昨年5月~10月の間、壊れて機能しなかったことがわかったのだ。原因は冷却器の寿命切れとされているが、13年11月からわすか1年半でガラクタとなった。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ