中国を圧倒した最強米空母「ビッグE」退役 約束された“復活”はいつ…  

【軍事ワールド】

 約50年に渡って戦後米国の歴史とともに歩んできた米原子力空母エンタープライズが3日、米海軍船籍登録簿(NVR)から正式に除籍された。キューバ危機やベトナム戦争などで旧ソ連や中国などを圧倒してきた「海上の航空基地」は、米海軍の象徴でもあり「ビッグE」と称されてきた。記念艦として保存の動きもあったが、解体が決定した代りに“復活”も決まったという。(岡田敏彦)

 8隻目の引退

 除籍されたエンタープライズは艦番「CVN-65」で、エンタープライズ(冒険心)という名をつけた米海軍軍艦としては8隻目となる。1958年2月に米東部バージニア州のニューポート・ニューズ造船所で起工され、60年9月に進水。軍務に就役した61年は、4月にはソ連がボストーク1号で初の有人宇宙飛行を行い、日本では坂本九さんの「上を向いて歩こう」が大ヒットした年だった。

 エンタープライズは加圧水型原子炉8基を動力とし、全長約340メートルの巨大な船体に80機以上の艦上機を搭載できた。乗員は約4500人~最大5800人。うち航空機運用関係者は約1800人で、約250人のパイロットと約1500人の整備などサポート要員から成る。航空機整備ができる格納庫を始め食堂や売店まで備え、小さな街といえるほどの規模を持っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ