父親の誕生記念日前 冷酷な兄暗殺 金正恩氏の残忍さ、国際社会に強く印象づける

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮では16日に故金正日総書記の生誕75年の記念日を迎える。金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏は、父の誕生日直前に命を奪われた。暗殺指令を出した可能性が取り沙汰される金正恩氏は、その冷酷さを内外に見せつけた格好だ。

 1997年2月に韓国で起きた金正男氏の母方のいとこ、李韓永氏(82年に韓国に亡命)の暗殺や、2013年12月の金兄弟の叔父、張成沢氏の処刑など、過去の一族の血まみれの処断に比べ、正男氏殺害が外部に与えた衝撃は大きい。正男氏が国際的に知られた存在だったためだ。

 記念日前を狙った殺害した計画性も否定できない。「父の誕生日であろうが、兄であれ消すべき者は抹殺する」といった姿勢がうかがえ、正恩氏の残酷さは世界に印象づけられた。

 正男氏は、北朝鮮による「新型弾道ミサイル」の発射に合わせたかのように殺害された。このタイミングの一致も偶然とは言い切れない。2つの事件は国際社会に衝撃を与え、正恩体制にとって対外的な相乗効果をもたらしたからだ。

 金正男氏殺害で「次は誰の番だ」という恐怖感も広がり、韓国では「正男氏の息子のハンソル氏(22)も命を狙われる可能性が高まってきた」(朝鮮日報)との見方も出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ