金正恩氏最側近、中国滞在か ミサイルで協議の可能性

 韓国の放送局、テレビ朝鮮は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、崔竜海党副委員長が中国に滞在していると報じた。韓国政府筋の話としている。

 崔氏は、12日に北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射した直後に訪中したという。ミサイルに関連する問題を中国側と協議した可能性がある。また13日に正恩氏の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されたことが影響し、崔氏の北朝鮮への帰国が遅れていると、韓国情報当局は見ているという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ