チュルキン露国連大使、NYで急死 心臓発作か

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア外務省は20日、ビタリー・チュルキン国連大使が同日、米ニューヨークで死亡したと明らかにした。ソ連時代のモスクワ出身。64歳だった。

 露外務省は死因などを明らかにしていないが、ロイター通信は米政府筋の話として、心臓発作での死去との見方を伝えた。事件性はないものとみられている。

 インタファクス通信によると、プーチン大統領はチュルキン氏の遺族に哀悼の意を伝え、同氏の「専門性と外交能力」を高く評価した。

 チュルキン氏は在米ソ連大使館に勤務したほか、ソ連崩壊後に露外務次官などを経て2006年から国連大使を務めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧