中国頼みの日本経済、南京大虐殺30万人…中国共産党の嘘を暴く「中国不要論」

【エンタメよもやま話】

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、近頃話題のあの国を鋭く分析した話題の1冊についてでございます。

 昨年の1月28日付の本コラム「爆買い終了、次は反日“爆難民”650万人どっと…衝撃の予言『中国崩壊後の世界』」(http://www.sankei.com/west/news/160128/wst1601280002-n1.html)

で、韓国や中国の経済動向などをまとめた数々の著書で知られる気鋭の作家兼経済評論家、三橋貴明(みつはし・たかあき)氏の著書「中国崩壊後の世界」(小学館新書 780円+税(http://www.shogakukan.co.jp/books/09825246 )をご紹介しました。

 三橋氏はこの著書で、訪日中国人観光客による“爆買い”について、中国共産党による税制の変更(主に輸入関税のアップ)によって近々終了すると予想しましたが、みなさんご存じの通り、この予想、見事に的中しました…。

 三橋氏は他にもこの著書で日中関係におけるさまざまな興味深い“予言”を行っていたわけですが、先ごろ、この著書の続編とも言うべき1冊が発売されました。「中国不要論」(三橋貴明著、小学館新書、760円+税 https://www.shogakukan.co.jp/books/09825283 )です。

 書名が全てを物語っていますが、この本“中国とお付き合いしても全く良いことはなく、それどころか、これ以上仲良くすると日本は中国の属国と化してしまう”と警告するなど、まさに衝撃的な内容のオンパレードなのです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧