金正男氏殺害 4容疑者逃亡、捜査に手詰まり感 事件解明へ3つの壁

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男氏殺害事件発生から2週間。マレーシア警察は、神経剤VXによる毒殺と認定したものの、入手経路の特定などは難航している。主犯格とみられる北朝鮮国籍の4容疑者はすでに本国へ逃亡したとみられ、捜査には手詰まり感が漂う。警察は事件解明へ、3つの壁に直面している。

 ■毒殺のメカニズム

 マレーシアのスブラマニアム保健相は26日、金正男氏の司法解剖について、大量のVXが眼や口から吸収され、心臓や肺なども影響を受けたと発表した。致死量の10ミリグラムを大きく超える量で「吸収が早く、ほんの2、3分で症状が現れていた」と指摘。警察当局に正式報告するとした。

 地元英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは27日、VXが使われた理由について、「即効性がある毒物でありながら、暗殺者に逃走する時間を与えることができるため」とみる政府幹部の見方を伝えた。

 ただ、実行犯の女2人は、素手でVXを正男氏の顔に塗りつけたとみられている。大量の猛毒を扱って生き延びられたことに疑問が残る。警察は、女たちが解毒剤などを使っていなかったかを調べる方針だ。

 保健相によると、正男氏を手当てした空港スタッフや医療関係者にも症状は出てていない。毒殺のメカニズム解明は難航。警察は、4容疑者が借りていたマンションから押収した化学物質の分析を急ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ