金正男氏殺害 実行犯とされる女2人を殺人罪で起訴へ 現地当局 「毒物認識」が焦点

 北朝鮮の金正男氏殺害事件で、マレーシア検察当局は1日、実行犯とされるベトナム国籍の女、ドアン・ティ・フオン(28)とインドネシア国籍の女、シティ・アイシャ(25)の2容疑者を殺人罪で起訴する。事件での容疑者の起訴は初めて。

 マレーシア警察によると、2人は2月13日、クアラルンプール国際空港で正男氏の顔に猛毒の神経剤VXを塗りつけ、殺害した疑いが持たれている。マレーシア警察は「2人は毒物だと認識していた」との見方を示している。

 一方、フオン容疑者はベトナム大使館員との面会で「コメディービデオに出演していると思っていた」と説明、アイシャ容疑者はインドネシア大使館幹部に対し「いたずらビデオ出演を求められた」と話したという。いずれも顔に塗った液体が毒物だとは知らなかったと主張している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ