イラン、ロシア製ミサイル「S300」を初実験

 イラン軍は4日、ロシア製高性能地対空ミサイルシステム「S300」の発射実験を実施し、成功したと発表した。イランによるS300実験実施が明らかになるのは初めて。同国への圧力を強める米国やイスラエルはこれまで、S300のイラン配備は中東情勢を不安定化させると主張しており、反発を強める可能性がある。

 イランが1月末に行った中距離弾道ミサイル発射実験を受け、トランプ米政権は2月上旬、イランに対する追加経済制裁の実施を発表した。しかし、イランはその後も「防衛手段」の要としてミサイル戦力増強の姿勢を変えていない。

 実験の詳しい日時や場所は不明。イラン軍はS300発射に関わる専門家らの技能を向上させ、防空システムを構築するのが目的だと強調した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ