北朝鮮ミサイル 「ノドン」か、実戦配備の仕上げ 軍事アナリスト・小都元氏

 今回ミサイルを発射したとみられる東倉里にはテポドン2改良型といった衛星運搬ロケット(長距離弾道ミサイル)を発射する「西海衛星発射場」があり、もしこの発射場からミサイル1発が発射されたのならICBMの可能性もあった。

 しかし4発が発射されているので、昨年9月に北海道・奥尻島沖に着弾した3連射のときと同じ中距離弾道ミサイル「ノドン」あるいは「スカッドER」とみられる。目的は、単なる発射テストではなく、実戦配備の総仕上げとして、フィールド(現場)の兵士による模擬実戦発射だったことも考えられる。

 今回、男鹿半島沖に着弾させているが、北朝鮮が開発を進めているICBMを発射テストする際、日本本土上空を飛ばす訳にいかないので、恐らく津軽海峡上空を通って太平洋側に着弾させるのではないか。今回の発射は、ICBM発射を想定して行われていた可能性もある。北朝鮮が近く発表するとみられるミサイル発射の映像などからもっと詳細が分かるだろう。(談)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ