北ミサイル 日米防衛相が電話会談、「無責任な行動」と非難

 マティス米国防長官は6日(日本時間7日)、稲田朋美防衛相と電話会談し、北朝鮮による弾道ミサイル発射は「地域の安全と安定を損なう容認できない無責任な行動だ」との考えで一致した。マティス氏は「核の傘」による「拡大抑止」の提供を含め、米国は日本の防衛義務を維持すると改めて確認した。米国防総省が発表した。

 両者は、北東アジアの平和と安全の維持に向けて北朝鮮に対する抑止力を強化するため、日米に韓国を加えた3カ国が緊密に連携していく方針を確認した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ