北ミサイル トランプ米大統領、韓国首相とも北対応を電話で協議

 韓国政府は7日、大統領代行の黄教安首相が同日午前、トランプ米大統領と電話会談し、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けた対応策を協議したと発表した。電話会談は米側の要請で、約20分間行われたという。

 中国が反発している米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」についても、迅速な韓国配備を目指す米韓の立場を確認した可能性がある。

 トランプ氏と黄氏は1月に電話会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発に対し米韓共同で防衛能力を強化することで一致した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧